2003_Conf_JSOR_Bottleneck Detection in Production Systems Preprint

2003_Conf_JSOR_Bottleneck Detection in Production Systems Preprint

生産ラインなど離散事象型システムの設計や改善において、シミュレーションを用いて、What-if分析をすることが一般化している[1]。熟練計画者が従来シミュレーションしなくても一定レベルの質の工程が設計できたことを考えると、シミュレーションモデルができたところで、シミュレーションをしないであるいは1回のシミュレーションだけで実用的な最適解が得られないかと考えるのは自然なことである

Add a Comment